2020年12月06日

1007 勝手に「百マス将棋」を妄想する短歌 勝手に駒『鉄乙女(錆乙女)』を追加する短歌

百マス将棋(新駒・鉄乙女&錆乙女追加).png

斜めだけ二回動ける『鉄乙女』
百マス将棋「玉」のとなりへ

打ったとき、さらに動けるわけじゃない
計画的に鉄乙女打ち( °益 °)ゴルァ〜!!

鉄乙女攻め込み、成ると『錆乙女』
金の動きになり、劣化する

こんばんは(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

今回はですね、いつも通り遅刻投稿ではありますが、遠い将来、脚光を浴びるであろう81マス将棋の結論と、その先に待ち受ける将棋のルールの変更および将棋盤の拡大について、短歌を詠みましたよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

『なんか、やけにテンション高いな、お前!(°益°╬)』

いや、私なりにですね、100マス将棋が開発されたならば、どんなゲームになるのか、思い切って予言してみたんですよ(`・ ω・ ´)ゞ

『いるいる、そういう奴。ちょっといいアイデアが浮かんだと思ったら、人に言いふらして、見せびらかして、誰にも相手されない。残念な奴だよ、それ。(°益°╬)』

私はですね、100マス将棋というのは、将棋とチェス、そしてその2つの盤上遊戯の発祥とされるチャトランガ、この3つの素晴らしいゲームのルーツを感じ取ることができる、そんな新たなボードゲームになると予測します。( ・`ω・´)キリッ

『来た来た来た。素晴らしいゲームとか言って、テキトーにちょっと褒め言葉を挟めば自分がそのゲームのルールブック作成に携われると思いこんでる。(°益°╬)』

100マスの将棋の盤面に並ぶのは、なじみ深い現代将棋(以下本将棋)の駒たち。そこへ、チェスによく似た配置で『鉄乙女』という新たな駒を玉将(王将)のとなりへ置き、その鉄乙女にいままでの将棋にはないフレッシュな特性を与えます( ・`ω・´)キリッ

『なんだよフレッシュって。まだ話してもいない内容について、自分からフレッシュとか言うんじゃないよ。(°益°╬)』

鉄乙女は、チャトランガにおけるマントリみたく、斜めにしか動けない駒となります。( ・`ω・´)キリッしかし、明確な違いが1つありまして、それは鉄乙女は2回続けて動ける、という点です。これは、中将棋・大将棋における獅子という駒に類似している特徴ですね。(`・ ω・ ´)ゞ

『どうせならマントリか獅子か、既存の駒であるその2種のどちらかにした方が、わかりやすいと思うけどな!(°益°╬)』

鉄乙女・錆乙女はそれぞれ3文字の駒なので、駒職人の方々にとっては彫るのが難しい駒となるかもしれませんね( ・`ω・´)キリッ

『いや、誰もその駒、彫るって言ってないからね!?というか、駒職人の方々にとって彫るのが難しい、って失礼だよ!?(°益°╬)』

そこはハンコ職人として培った技術を活かして..( ・`ω・´)キリッ

『なんでそこハンコ職人経由したのが前提なの!?駒職人とは全然別業種でしょ!?(°益°; )』

鉄乙女の『隣接する斜めのマスへ2回動ける』以外のルールについては、中将棋〜大将棋における獅子という駒の特別ルールを参考にしたいです。(`・ ω・ ´)ゞ

(参照:サッ◇彡o(−❐ω❐−a ))
Wikipedia:中将棋(獅子の特別ルール)

でも、取った駒を持ち駒にして使える、という本将棋のルールはそのまま使い続けたいんですよ。(`・ ω・ ´)ゞ

『君が言うみたいなちょっと変わったアイデアって、やると案外全然つまんないんだよな!(°益°╬)』

それでですね、鉄乙女が加わることで玉将以外の金銀(鉄)が合計5枚となり、これはですね、持ち駒がなくても組める最強の五枚居飛車穴熊(角を含めれば疑似的な六枚穴熊)が組めるぜってことで素晴らしいんですよ。(๑•̀ㅂ•́)و✧

『何がどう素晴らしいのか、いまいち伝わらなかったな!(°益°╬)』

それがですね、ここで残念なお知らせがあります(( ;゚ Д゚ ))

『ここまで、鉄乙女に関する謎の解説に加えて、何がそう残念なんだよ一体。(°益°╬)』

鉄乙女は、成り駒になると歩兵〜銀将までの他の小駒と同じように、金将と同様の動きとなります。なので、、、敵陣へ攻め込んで『錆乙女』に成った瞬間、いままで使えた‘二回続けて動く能力’を失うんですよ。(; ・`д・´)

『‘残念な知らせ’という割には、思いのほかダメージが低かったな!というか、鉄乙女から錆乙女になったら、名前の上でも錆びて劣化してるのに、動きまで劣化するのかよ!(°益°; )』

まぁ、でも鉄乙女の二回目の移動で成って、そのまま相手玉を詰ます、という裏技もあったりしますよね( ・´ー・`)

『現時点でまだ存在もしないゲームと駒のニッチな戦術を公開してくれて、ありがとう!(°益°╬)』

この百マス将棋が遠い将来、もし実現したら、私はきっとその開祖として崇め奉られることでしょう(* ´꒳` *)

『その可能性は皆無だが。今この瞬間、私は百マス将棋が嫌いになった!(°益°╬)』

..(; ・`д・´)

実現しませんかね。(; ・`д・´)

『色々と難しいんじゃない?そもそも本将棋がなくなるわけでもないのに、みんな急に本将棋やめて100マス将棋やり出すとも思えないよね?というか、あんたが提案したルールの通りに大衆が動くとは到底思えないんだけど。現に私、ヤダもん。(°益°╬)』

..(; ・`д・´)

..(; ・`д・´)

じゃあ、本将棋でいいんですかね。(; ・`д・´)

『本将棋でいいんだよ。せっかくあるんだから。(°益°╬)』

『んだ。(°益°╬)』

それでは次回もお楽しみに(`・ ω・ ´)ゞ

ぼんさんでしたトウッ!⌒゚\( -`ω-)/
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。