2021年04月03日

1125 短歌の短歌 水はいつでもエロい、短歌

sakura_water_puddle.jpg

美しく落ちていく水一点を
見つめ呟く初句の言葉を

I watch the water
Beautifully fall its height—
Not a long travel.
I whisper the words to start—
A tanka which describes it.

今晩は(; ・`д・´)

今日、日中から何時間もパソコンと睨めっこしまして、途中お昼寝を挟みまして、そしてようやく日付をまたいだ頃にこの短歌をご用意することができました(; ・`д・´)

『一首に一体何時間かけるつもりなのさ。(°益°╬)』

..普段は1ヶ、2〜3時間くらいで出来るんですけどね。なかなか上手く行きませんでした。(; ・`д・´)

さて、私たちキャラクターが暮らす町ではもう桜が散りつつあり、やや短い桜の季節となった気がします。( ・`ω・´)キリッ

『今年の桜は咲くのが早かったけど、そのぶん散るのも早く感じてしまうんじゃないかな、私たち人間は。(°益°╬)』

ちらほらと葉桜が見えるこの季節、これはこれで悪くありませんね( ・`ω・´)キリッ

『偉そうだな、お前!(°益°╬)』

「ちなみに、ぼんさんぼんさん。(*゚∀゚*)イイ!!」

はい、何でしょう。イさん(`・ ω・ ´)ゞ

「私たちが暮らすこの町、なんて名前にする??(*゚∀゚*)イイ!!」

え..(〃 ゚ Д゚ )

名前付けちゃっていいんですか(〃 ゚ Д゚ )

「せっかく私たち架空の、アスキー文字のキャラクターなんだから。設定、大事しょ。(*゚∀゚*)イイ!!」

うーん?(−_―; )?

どうしようかな(; ・`д・´)

(5分経過..)

私にとっては、このアスキー女子に囲まれたこの世界が1つのユートピア、いわゆるパラダイスですので。( ・`ω・´)キリッ

「おおお!?(*゚∀゚*)イイ!!」

『..(°益°╬)』

(注:..(-❐ω❐-a ))


さがみぱら市で!(๑•̀ㅂ•́)و✧


「ああああああああ。パラダイスだから。さがみぱら市。なるほどー!(*゚∀゚*)イイ!!」

『..(°益°╬)』

(注:..(-❐ω❐-a ))

「いや、いいんでね!?素晴らしいと思うよ。さがみぱら市。そういえば県境のところの標識『さがみぱら市』って書いてあった気がするわ。(*゚∀゚*)イイ!!」

『過去に向かって適用されたんだね。(°益°╬)』

(注:さがみぱら市、ちょっと愉快な感じの町ですね。(-❐ω❐-a ))

いや、私はファーニーですよ!?(〃 ゚ Д゚ )

『誰も聞いてねえよ。それと、出来ることならFunny(=ファニー)にしといて欲しかったわ。(°益°╬)』

「さがみぱら市、名産品は??(*゚∀゚*)イイ!!」

意外と、養鶏場とかあって、卵製品が美味しくてお手頃価格なんですよ。プリンとかシュークリームが。( ・`ω・´)キリッ

『あ、知ってる。美味しいよね。私の家、その近くバス一本で行けるんだよ。(°益°╬)』

あと、コンビニに果物・野菜を卸してる地元の農家もあったりして、この前大きなトマトが2ヶで100円でした( ・`ω・´)キリッ

「いいね〜!!マニアックだね〜!!(*゚∀゚*)イイ!!」

『けっこう都心へのアクセスはいいけど、のどかな雰囲気もあるし。都会寄りの田舎だよね。(°益°╬)』

(注:..他のご住民の方々のためにも、「田舎」と言ってはいけません。(-❐ω❐-a ))

『あ、そうだよね。ごめんごめん(°益°╬)』

(注:いえ、全然だいじょうぶです。(-❐ω❐-a ))

ちょっとこのブログ内の世界が広がりましたね( ・`ω・´)キリッ

(注:そうですね。良かったです。(-❐ω❐-a ))

それでは次回もお楽しみに(๑•̀ㅂ•́)و✧

ぼんさんでした(o﹃o *)
posted by ぼんさん at 00:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。