2021年03月13日

1104 次第にもがかなくなる短歌 つまり挽歌

mirin.jpg

ほとばしる快楽に揺れねちょり気の
甘味の中を藻掻かなくなる

A gushing light fills
My world as I bathe in it.
I try to escape
Its syrupy hold, beforehand.
But, then, I just die in it.

こんにちは( ・´ー・`)

今回は、過去の日付の投稿を先に終わらせ、今日の投稿であるこれが二つ目の短歌となります(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

『そんなこと言われても読者としては「言っている意味がわからない」、あるいは「ああ、そうですか」としか言えないでしょ!?リアクションに困る挨拶を毎回冒頭に持ってくるのやめてえ?(°u°╬)』

..(; ・`д・´)

..(; ・`д・´)

今回はですね、ちょっと気合の入った作品となりまして、一応挽歌となります(`・ ω・ ´)ゞ

(参照:サッ◇彡o(-❐ω❐-a ))
1104 次第にもがかなくなる短歌 つまり挽歌
ほとばしる快楽に揺れねちょり気の
甘味の中を藻掻かなくなる
A gushing light fills
My world as I bathe in it.
I try to escape
Its syrupy hold, beforehand.
But, then, I just die in it.

『どれどれ..(°u°╬)』

・・・


『言っている意味はよくわからないけど、なんか嫌だな。気分害したわ。(°u°╬)』


..(; ・`д・´)

..(; ・`д・´)

というわけで、次回もお楽しみに(*´ω` *)

ぼんさんでしたΣ( ̄ノ□ ̄;)ノ
posted by ぼんさん at 15:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。