2020年11月20日

991 夜空へ吸い込まれる短歌 無の一部品の短歌

starry_sky.jpg

円錐の夜空へ向けて旋回し
最後私は無の一部品

To the conic scope of the night sky,
I am pulled toward its center—
My limbs slowly rotating,
As I become part of null.

今晩は(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

どうですか、昨日も更新されて今日も更新されているこのブログ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

『更新しているのはお前だなぁ、さては!(°u°╬)』

..(; ・`д・´)

そうですね(; ・`д・´)

今回はですね、宇宙の天体が浮かぶ夜空へ向けて、自分の体が吸い込まれていく、そんなイメージをもって詠んでみました( ̄^ ̄)ゞ

・・・

『あああ、いいんじゃない?ちょっとロマンチックで。(°u°╬)』

お褒めの言葉を戴き、大変恐縮でございます。この調子で名歌を量産してまいりま..(`・ ω・ ´)ゞ


『恐縮しろやコラぁ〜!!(°u°╬)』


ぎゃあっはああああちょkkぺえーい!!..

・・・

「最近、しばかれた瞬間のセリフがちょいちょいユニークですけれども(*゚∀゚*)イイ!!」

・・・

それでは次回もお楽しみに..(´×血 ×`A;)

ぼんさんでした(°― °ヾ )
posted by ぼんさん at 20:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。