2020年09月01日

911 ブログの短歌 短歌短歌の短歌

lotus_flower.jpg

題材は季節の花で、それっぽい
短歌を詠んでブログに上げる

I choose a subject—
Typically, a flower—
In blooming season.
Then, I write a soft-touch poem
That sort of sounds like it.

今晩は(; ・`д・´)

いや、更新も遅れてますし、何とか素早く一首詠もうと思ったら、こんな感じの短歌になってしまいました(−_―; )

『ああ、そう(°u°╬)』

『別にいいんじゃない。いつも見る風景、いつもやってることを短歌にするのは王道だからね。(°u°╬)』

ど、どうしたんですかファンさん(( ;゚ Д゚ ))

『いや、私は単純に短歌というのは日常を詠むものだと思ってるから、これでいいと思うんだよね。(°u°╬)』

いや、しかし.. 本来、短歌というのは「新しい切り口」があって、読み手に「なるほど、こんな感覚があったのか」って思わせるのが大事らしいですよ(; ・`д・´)

『まぁ、それを言ったらぼんさんの短歌は毎回ちょっと変わってるというか、奇妙だからそれでいいと思うんだよね。(°u°╬)』

..(; ・`д・´)

『というか、ぼんさんとかもはや歌人とも呼べないただ趣味でやってる分際なんだから、そんな肩に力入れて「新しい切り口」とかほざく身分でもないでしょ、ほんと。(°u°╬)』

..気づけば、そうですね(; ・`д・´)

『でしょ?(°u°╬)』

『もう、こういうのでいいんだよ。下手にひねり加えたつもりで「これが名歌なんです」って言った日には日本の短歌は終わりを迎えてるから。(°u°╬)』

日本沈没ですね( ・`ω・´)キリッ

『いや、あくまで短歌の話だから、そこまでは言わない(°u°╬)』

分かりました(`・ ω・ ´)ゞ

『いや、どうせ分かってないだろうけど(°u°╬)』

..(; ・`д・´)

それでは次回もお楽しみに( ̄^ ̄)ゞ

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。