2020年08月26日

905 恋の短歌 他人の短歌

girl_in_a_park.jpg

近づいて肌の触れ合う距離にある
けれど彼女と私は他人

Our distance was close.
I could easily touch her,
But I stopped myself.
We endured that speechless time,
Knowing each other—just then.

今晩は(; ・`д・´)

毎日更新のブログというのを売りにやっています短歌のブログですが、わりと頻繁に「毎日更新の危機」に陥るんですよね。(; ・`д・´)

『分かりにくいからちゃんと説明して。(°u°╬)』

「毎日更新の危機」と言いますのは、つまりは毎日やろうとするこのブログを、一日、二日と更新をサボってしまい、気づけばブログの日付に空きがどんどん出来て行って、それで日付の空きを埋めようと、今日の投稿を放置して過去の日付へと投稿したりすると、いつの間にか過去の日付へとばかり投稿しているんだな私、って気づく状態のことです(; ・`д・´)

『まぁ他のブロガーの皆さまにはそれぞれ別の定義で「毎日更新の危機」があるかもしれないけどね。(°u°╬)』

そうですね( ・`ω・´)キリッ

そう、このさくらブログというのは特殊な機能がありまして、過去の日付へも未来の日付へも投稿をすることができるのです(´∇`)

そのおかげで、何日かサボった更新を、後から過去の日付へと投稿することで「穴埋め」することが出来るわけですねネッ,ネッ?ヾ(〃 ω 〃 )

『いや、正直ぼんさんのブログは自由更新にして出来る時だけの更新にした方が良いと思うけどね(°u°╬)』

ダメです、それはダメです( ・`ω・´)キリッ

もし自由更新にしてしまったら、一切更新なんてしませんよ( ・`ω・´)キリッ

『あなたにとって短歌ってその程度なのね(°u°╬)』

『むしろそれで今までよく続いたね(°u°╬)』

恐縮です(`・ ω・ ´)ゞ

今後もこの調子で、毎日のような、毎日じゃないような感じで短歌短歌、やって行きたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

『数少ない読者が今喜んでいると思うよ(°u°╬)』

よっしゃー(´∇`)

それでは次回もお楽しみに(*´ω`*)

ぼんさんでした播(゚д゚*)
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。