2020年07月19日

867 砂利道の短歌 ホヤの短歌

sea_squirts.jpg

生活は順調とされ砂利道を
僕は後ろにホヤを抱える

'Satisfactory,'
She says, before I leave.
I pass a gravel road,
Carrying a bag of sea squirts
To sell at the market.

こんにちは( ・´ー・`)

もうそろそろ更新が追いつきますから、バババっと連続投稿しまして、気づけばリアルタイムのブログですよ(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

『ブログがリアルタイムなのは普通だけどね(°u°╬)』

まぁ、要するにリアルタイムのブログというのは、例えば今日が2020年7月31日なら、同年7月31日にあった出来事をつづるのが『リアルタイム』なわけですよね(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

『なるべく投稿の日付と一致するといいよね。(°u°╬)』

今日はですね、私がまだ食べたことがない珍味の1つ、ホヤを短歌にしようと思いました。ホヤというのは、幼生の間は小魚やオタマジャクシみたいな見た目で海を泳ぐんですが、しばらくすると石やサンゴに定着して、まるでイソギンチャクみたいにそこに『根付く』動物なんですよね。

このホヤというのを、背中に抱えるというイメージを持たせた短歌、ちょっとミステリアスな感じがしますよね。(´∇`)ねー

『でも、ぼんさん。この短歌って実際どういう意味なの?(°u°╬)』

・・・

生活は順調って言われて、それで砂利道を歩いて、背中にはホヤを抱えてる..

意味深..というか、何かしら文学的な価値が、あるんでしょうか..(; ・`д・´)

『って貴様が書いたんだろが!(°u°╬)』

ハッ!(゚Д゚)

一体どういう意味なんでしょうね..(; ・`д・´)

『お前が知らなかったら意味ねえわ!(°u°╬)』

..(; ・`д・´)

それでは次回もお楽しみに(*´ω`*)

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。