2020年06月16日

834 花の短歌 運び屋の短歌

amaryllis.jpg

それぞれの花に手指を触れさせて
花にとっての運び屋となる

I touch each flower
With the tips of my fingers.
They are the creatures
To the flowers to carry
Their pollen to another.

おはようございます( ・´ー・`)

今日の短歌も無事載せちゃいまして、見事またリアルタイムのブログとなりましたよ( ・´ー・`)

どうですか、皆さん( ・´ー・`)

『..(°u°╬)』

『明日以降もがんばって更新してね。(°u°╬)』

ありがとうございます(`・ ω・ ´)ゞ

私はですね、この短歌を詠んだ際のエピソードがありまして、それがまたいいんですよネッ,ネッ?ヾ(〃 ω 〃 )

さっき、散歩に出かけたら、ワインレッドの色のアマリリスが通りに咲いてまして、ちょっと触れたくなって、花にふわっと私のしなやかな細指を触れてみたんです。そうしたら、まるでアマリリスの花が喜ぶような、そんな気持ちが花から伝わって来まして( ・´ー・`)..

『いやいやいや、どんなキャラだよお前。(°u°╬)』

..(; ・`д・´)

..(; ・`д・´)

やっぱり、ちょっと厳しかったですか(; ・`д・´)

『いや、唯我独尊自慢男とかは分かるけど。あなたはイケメンじゃないんだから。ハゲで、デブで、過激。言うことが過激。君のしなやかな細指って絶対誰もそんなこと思わないから。君はハゲで、デブで、過激なんだから。急にイケメン風のキャラしてもみんな( ゚Д゚)ハァ?ってなるだけだから、やめて?キャラ設定もおかしいけど、キャラがぶれることが一番の問題。勘違いなのは元々だけど、あなたはハゲで、デブで、過激なんだから。そこぶれたら紛らわしい。(°u°╬)』

..(; ・`д・´)

..(; ・`д・´)

そうなんすよ。あっしが運び屋となって、この花粉というブツを別の花へと届けやしてですね、ぐひひひひひ[花粉]`∀´)

『それも意味不明。キャラがぶれないようにって話したばっかりでしょ。急に新キャラ持ってこないで?読者も混乱するから、いつものやつでよろしく(°u°╬)』

..(; ・`д・´)

素晴らしい短歌ですね。いや、もはや短歌界のピカソか!って、ゴッホか!って、私の知らない他の絵画の巨匠か!って(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

『まぁ、、、感じとしてはそんなだよね。ちょっと情けないけど..(°u°╬)』

..(`・ ω・ ´)ゞ

それでは次回もお楽しみに( ̄^ ̄)ゞ

ぼんさんでした(*´ω`*)
posted by ぼんさん at 05:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。