2020年06月05日

823 大雑把な短歌 どっちがより多くあるかは数えようがない、短歌

big_and_small.jpg

自分より小さな物は多くあり
大きな物はより多くある

There are many things
So much smaller than myself,
And, there are many,
So much bigger, and I wish:
I could know each one present.

おはようございます( ・´ー・`)

皆さまは、自分より小さな物、大きな物、どちらの方が多くあると考えますか?(°Д°≡°Д°)?

これはとても興味深い問題で、同時に、みんなで意見交換するだけでは答えは出ない物であり、下手すると数学的・科学的に解明しようとしても、私たちが把握している情報だけでは大小の物どちらが多いとは言い切れないかもしれません。また、1つの存在の一部となる物体を、どう数えるのか.. 2つ以上の物体から構成される物体をどう数えるのかなど、表裏一体であり1個でもあり2個でもある存在の数え方によっても答えが大きく変わってくることが、この問題を解決する上での大きな障害となります。(; ・`д・´)

ちなみに私自身は、数えるだけで行くと、私たち人間よりも小さな物の方が、同じ空間に詰まっていると考えることが出来るため、1つ1つの物を『数える』という原理を考えると、小さな物の方が有利といいますか、数が大きくなりやすいと考えます(その点では、短歌と逆の回答となります)( ・`ω・´)キリッ

しかし同時に、宇宙規模で考えると、私の想像をはるかに超えるマクロなスケールで天体が存在し、そのそれぞれを数えると、私という人間よりも小さな物よりもはるかにぼう大な数の大きな物体が存在しても不思議じゃありません。( ・`ω・´)キリッ

しかししかし同時に、宇宙規模で考えるからこそ、それぞれの天体の表面、内部に存在する物全てを数え、それらが天体1個よりもはるかに大きな数になるわけでして、結果小さな物の方が多いのではないか、と思うわけです( ・`ω・´)キリッ

しかししかししかし同時に、宇宙規模を超えたスケールで考えると、宇宙、次元、世界線など、森羅万象はそれぞれが単体ではなく、複数の存在が同時にあって、それぞれがそれぞれだけで想像を超える数の集合体だと言えるかもしれません。その数え方によっては、大きな物の方がよっぽど多くあると言えるかもしれません( ・`ω・´)キリッ

しかししかししかししかし同時に、複数の存在からなる物体はそれはもはやただの思想で、その思想をいちいち妙な数え方をしていたら混乱します。よって、それらの存在はやっぱりそれぞれ1個ずつ数えるべきだとは..皆さん、思いませんか?(°Д°≡°Д°)?

『知らねえよ。しかしが多いよ(°u°╬)』

..(; ・`д・´)

..(; ・`д・´)

それでは次回もお楽しみに。(`・ ω・ ´)ゞ

ぼんさんでした(°― °ヾ )
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。