2020年05月25日

812 制限の短歌 引きずって行く短歌

ball_and_chain.jpg

神が課すこの制限を揺るぎない
意志と力で引きずって行く

Those chosen by Her
Are given their leg shackles
Each joint to a weight
Which they will carry or pull
Unless they choose to surrender.

今晩は(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

今日に関してはかなり順調に更新できていますよ!(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッこの調子で今日更にもういくつか短歌を上げて行きたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

『どうなることかな..』(°u°╬)

今日はですね、私が信じる神の話をしたいと思います。

私にとっては神は女性なんですよね(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

『へー。神は女性。それまたなぜ?』(°u°╬)

私が神に女性であって欲しいからです(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

『そ、それだけ。』(°u°╬)

そうです。私の神は女性なんです。私が女性全般、愛するから(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

『でもさ、それもし神が仮に男性だったらどうするのさ?』(°u°╬)

その可能性はありません。私の神は、女性ですから。(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

『いやいやいや、もし神が男性だったらどうするのさ。』(°u°╬)

それは..早急に何とかしていただいて、女性になってもらわないと..(; ・`д・´)

『それ、君が決めること!?』(°u°╬)

なんとかオーダーメイドに、私専用に女神さまを用意してもらえないものですかね..(; ・`д・´)

『いや、君はね、元々ね。そういう発想なら宗教、向いてないと思う。』(°u°╬)

そうですか..(; ・`д・´)

なるほど..(; ・`д・´)

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。