2020年04月15日

772 四月の短歌 藤の短歌

wisteria.jpg

気持ちとは無縁に人が恋をする
意味を知りふと藤をながめる

People fall in love
With just ones they're allowed to.
And, I'm starting to.
I know she's very special;
I still had love for others.

今晩は(; ・`д・´)

実際に投稿をした日付(2020年5月16日)、5月の真っただ中で詠む藤の短歌、見事に季節外れですが、いかがでしょうか(何だお前バカにしてんのか(°u°╬))

また四月にタイムスリップした気持ちでお読みいただけると良いかと思います(どんな気持ちだよ(°u°╬))

出来れば読者のあなたと恋がしたいです(๑•̀ㅂ•́)و✧(千差万別だな(°u°╬))

かわいい女の子限定で..(その他大勢に謝れ(°u°╬))

『私まで失礼なことを言ってしまった。(°u°〃)』

大丈夫、諸悪の根源はこの私、ぼんさんですから(`・ ω・ ´)ゞ

『あんまり誇れないぞ、それは。』(°u°╬)

それでは、次回もお楽しみに( ・`ω・´)キリッ

ぼんさんでした(* ・'ω・'*)b
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。