2020年05月01日

788 夜空の短歌 恥ずかしげもなく詠んだ星空の短歌

starry_sky.jpg

何一つ変わらず空にきらめいて
藍の天河を幾つかの星

Our many travels
Have left us equally apart
From the starry skies.
The Milky Way in indigo
And its stars are still distant.

今晩は(; ・`д・´)

相変わらず、2〜3週間ほどの遅れを取り返そうと、苦戦しているブログ短歌短歌のぼんさんです(; ・`д・´)

いつか追いつくといいんですけどね(; ・`д・´)(いつのことになるやら(°u°╬))

今日の短歌は、あえてロマンチスト風に詠んでみようということで、見上げた夜空をなるべくストレートな気持ちで短歌にしました(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

でも、考えてみるとアラフォーのおっさんがそんな『きらめいて』とか言っちゃっていいんすかね、皆さん?(読者にその回答を求めるな(°u°╬))

アラフォーのおっさんが..『藍の天河を幾つかの星』?? ああああ、みっともない(*/□\*)

酷いもんですよ(お前がな(°u°╬))

それでは次回もお楽しみに(`・ ω・ ´)ゞ

ぼんさんでした(°― °ヾ )
posted by ぼんさん at 23:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。