2020年03月27日

753 遠くから見たらどれも白いね、短歌 火星も白いんじゃ終了だよ、短歌

night_sky.jpg

遠すぎてどれがどれだか分からない
白く輝く星のどれかな君は(°― °ヾ )

They're too far away.
Each and every star is white:
A speck in the sky.
I look for your likeness there,
Knowing only one of them is you(°― °ヾ )

今晩は(; ・`д・´)

過去に遡って投稿しています。これも1つのタイムトラベル..なんちって(..切ないな(°u°╬))

そう、この短歌ですね。『君は』って部分が字余りなんですけど、まぁ、私なりに字余り行けるぜ( ・´ー・`)って顔がしたかっただけなんですよね。別に字余りする必要性とかあまりない短歌だとも思うんですけど(何だお前バカにしてんのか(°u°╬))

というか、過去にも似たようなアイデアの短歌、詠んでるんですよね→『648 宇宙の短歌 物語の短歌』『725 夜空の短歌 点描の短歌

そう、毎日短歌のマンネリ化。才能の枯渇です(おいおい、悲しいこと言うなよ(°u°╬))

ぼんさんでした(°― °ヾ )
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。