2020年03月20日

746 桜の短歌 見覚えがある女性の短歌

cherry-sakura.jpg

花ひらく桜並木の途中には
見覚えがある女性がいる

Along the cherries—
The street-lined trees, I see
A familiar girl,
Someone that I must have known
And I stand there, watching her.

こんにちは( ・´ー・`)

お待たせしました。リアルタイムの投稿ですよ。これで皆さん、今日も思いきりアクセス数のばしてくださいね。三桁行っちゃう?行っちゃいましょう!(それどうなの?(°u°╬))

今日ご用意したのは皆さん大好きな恋歌。皆さん大好きな恋歌。(その前提はどこから来た(°u°╬))

桜が開花しましたね。美しいですね。ロマンチックですね。桜の季節がやって来る度に高鳴るこの心、どなたかもっと上手く表現してください(何言ってんだお前(°u°╬))

花ひらく桜並木の途中には見覚えがある女性がいる。

なるほど。見覚えがある程度ってことは、なんだかんだ知らない人なんですね。そうですそうです。なるほど。

自分で納得したところで、今日の解説を終えたいと思います(`・ ω・ ´)ゞ

ぼんさんでした(*´ω`*)
posted by ぼんさん at 14:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。