2020年03月12日

738 春の短歌 陽射しの短歌

park.jpg

日があたる側のからだは温かく
春までのこの距離を思う

My body is warm
On the side I feel the light
The sun throws at me.
I guess the number of days—
The time that's left until spring.

こんにちは( ・´ー・`)

最近、調子よく更新できている短歌短歌です。見てください。今日の投稿の日付が今日の日付ですよ(何を言っているのか意味が分からないが(°u°╬))

最近タグ付けをサボったり、音の数が合わなかったりして、『31 syllables(ピッタリ31音)』のタグが減ってきていますが、今回は気合を入れて日英両方ぴったり31音にしてみました(`・ ω・ ´)ゞ

まぁ、ぴったり31音にしたからと言って良い短歌になるのか、と言われると必ずしもそうではありません。むしろ、文字数にこだわりすぎて駄作も沢山作って来たんじゃないですか、この私?(知らねえよ(°u°╬))

ぴったり31音のあの感じ。実際、短歌本来のキチッと、パコっと、ハマった感を失うのも惜しいものです。

私はここに高らかに宣言します。今後もキチッと基地外、パコっとパコって、ハマッとはま寿司を食べに行きたいです(どれも過激だよ(°u°╬))

え.. はま寿司が(; ・`д・´)

どうでもいいよ。黙れ(°u°╬)

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 16:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。