2020年03月10日

736 季節を先取りして短歌 春の花々の短歌

magnolia.jpg

何種もの花の繚乱それはふと
身近な場所の路の女性の

On the closest streets,
The profusion of flowers,
Their streaming petals—
Start up-high, end on the ground,
Right here, in the neighborhood.

今晩は( ・´ー・`)

いや、私に聞きたいですね。今の気分はいかが?そりゃもう最高ですよ(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

久々に本日の投稿を深夜、もはや前日深夜に上げているわけですけれども(๑•̀ㅂ•́)و✧

この調子でやって行きたいものですね(いや、無理だろお前には(°u°╬))

この短歌はですね、ちょっと色々迷って今の形になったんですが..

『身近な場所の路の女性の』はあ..要するに言いたいのは何ですか?(°Д°≡°Д°)?

そんな質問しちゃダメですよ?答えようがないんですから。

普通、作者の意図ってみんな色々思考を巡らせて、ある日作者への直撃インタビューで『あああ、あれはですね。実は〇〇で●●なんですよ。』ってちょっと意外な裏話があったりするんですけど。

『身近な場所の路の女性の』..特にありませんね、これは。

そんな顔しないで。更新追いついたんだから。

明日もこのブログ読んでくださいよ?(上から!?(°u°╬))

ぼんさんでした(*´ω`*)
posted by ぼんさん at 01:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。