2020年01月23日

689 みかんの短歌 実際には殆ど後悔していない短歌

mandarins.jpg

頬張った蜜柑の中に虫がいて
ただ一瞬の後悔がある

A sweet mandarin
Is always a winter gem.
But this one I chewed
Had been housing an insect:
I swallowed that bit of regret.

今晩は(; ・`д・´)

英語のサイエンス記事でですね、確かすごく面白いことが書いてあったんですよー(憶えてねえのか(°u°╬))

人は、一年間に1キロ程度の虫を食べているらしいんですよね。そんなガッツリ食ってるわけじゃないですよ?私たちが普段食べる野菜、お肉、穀物、その他飲食物には微量ですが、小さな小さな虫の足とか頭とか、色々付着してるんですよね。かと言って全部洗い落とそうとしても、それでも微量の微量が残るものなんですよ。だから、これは気にしないのがベスト。気にしないのがベター。お母さんが普段つくってくれる料理でお腹こわしませんよね?全然、ちょっとの量で害なんてないんですよ。一日に1キロの虫を食ってたらどうか分かりませんよ!?(どんな食い方だよそれ(°u°╬))

ここから先は私の妄想なんですけどね(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

虫というのはですね、食文化の象徴らしいんですよ(ほほー(°u°╬))

まぁ、色んな生き物がいまして、虫は大体のその行動、思考、習性、生き様そのものが『食』に始まって、『食』につながる、そんな生命らしいんですよ(はぁ..そうなのか(°u°╬))

まぁ、だからと言って私たち人間はそうじゃないのか、その他生き物はそうじゃないのか、虫じゃないと『食』に始まり、『食』につながっちゃ行けないのかって言われると困るんですけどね(; ・`д・´)

まぁ、これは私が普段聞いている幻聴を元に書いている文章だということ、忘れないでくださいね(急に上からだな(°u°╬))

そう、虫は食文化なんです。他の生き物を見つけたら『こいつ食えるかな?(°Д°≡°Д°)?』、自分と同じ種類の虫を見つけたらまた『こいつ食えるかな?(°Д°≡°Д°)?』と思うのが普通で、また自分が逆に食われる願望もあったりして、『私、美味しそう?食べてみる?(°Д°≡°Д°)?』『お腹空いてる?食べて食べて?(°Д°≡°Д°)?』という感覚も普通なんですよね。

虫にとっては、食べることは『相手を体内に取り込んで強くなること』、逆に食べられることは『相手の体内に取り込まれて、一緒に生きること』なんです。

英語のことわざに、You are what you eat.というものがありますが、これは直訳すると『あなたは、あなたが食べる物そのものだ。』という意味になります。

あなたが食べる物によって、あなた自身の健康・思考・感情・状態が決まってくる、というアイデアを端的に表現した言いまわしですね、上記↑のことわざは。

そう、長々と話しましたけど。今日食べた蜜柑に虫が入ってました。なんてこったい。食っちまったよ(−_―; )きっと今日この日から私は蜜柑の虫に脳を支配されて生きることでしょう(何だ怖えなお前(°u°╬))

・・・

良い子のみんな、ミカンに虫が入ってたくらいじゃ死なないよ?タンパク源だと思えばいいのさ( ・´ー・`)

ぼんさんでした(´∇`)ねー

パクパク食われたらそれはそれでキモイけど(何だお前バカにしてんのか(°u°╬))

それでは。
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。