2020年01月12日

678 サメ関連の短歌 愛の奇跡..?(−_―; )?の短歌

stingray.jpg

あれ自体サメと何かの合いの子で
ジンベイザメはサメとマンタの..?(−_―; )?

Baby manta, come on over
You're just a girl who claims that he is the one
But the kid won't be his son( ・´ー・`)
She says he is the one
But the kid won't be his son( ・´ー・`)

For forty days and forty nights
The law was on her side...

今晩は(; ・`д・´)

けっこう何日か分、更新が遅れてます、ブログ短歌短歌です(; ・`д・´)

ええと、今日の一首はですね、私が毎日の妄想の中から浮かんできたアイデアで(..ちょっと待て。毎日の散歩みたく妄想しないでくれ(°u°╬))

・・・

気を取り直して、最初から(๑•̀ㅂ•́)و✧

ええと、今日の一首はですね、私が毎日の瞑想の中から憑依してきた人格で(..ちょっと待て。毎日の妄想よりも怖いこと言わないでくれ(°u°╬))

・・・

気を取り直して、途中から(๑•̀ㅂ•́)و✧

まぁ、要するに、ジンベイザメってサメとマンタの合いの子なんですよ、それで(..ちょっと待て。何ら科学的根拠のないこと、断言しないでくれ(°u°╬))

・・・

気を取り直して、最後まで(๑•̀ㅂ•́)و✧

交雑ってありますよね。別々の種類の動物がやっちゃって、子供が産まれて。。その子供が何かしらの理由で生き残って、何かしらの形で繁殖して..そう、自然界でもよくあることだと思うんですよ。特にサメとかエロそうですよね。何でもかんでも食ったり、やったりしそうな感じ。

そう、きっとサメからしてみたら、サメとマンタの子供は「愛の子」なんでしょうけど、マンタのメスからしてみたら、ただの「合いの子」、イレギュラーですよね。特にサメなんか近づいてきたら、食いたいのか、やりたいのか、判断付きそうにないですよね。怖いだけです(( ;゚ Д゚ ))

ちなみに、今日の英語版はポエムでもなんでもなく、マイケル・ジャクソンの楽曲「ビリー・ジーン」の歌詞をパロディ化しただけなんですよね。はっきり言って芸術的価値はそのパロディに限定すればゼロと言っても過言ではありません。そう、こう言っておけば無難です(; ・`д・´)

何が言いたいのやら、見失ったところで終わりたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

ぼんさんでした(*´ω`*)
posted by ぼんさん at 23:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。