2020年01月01日

667 音がする短歌 冬の路面の短歌

winter-road.jpg

美しい冬の路面に音を立て
僕のからだが崩れ落ちてく

A beautiful day,
I turn to a nearing sense:
A metallic sound.
I see my body collapse—
Shatter on the winter road.

明けましておめでとうございますm(_ _)m

今年もどうぞよろしくお願いいたします(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

意気揚々で短歌を練り練りしていたら、『崩れ落ちてく』のフレーズが真っ先に浮かび上がりまして、続いて「僕のからだが」もう後は自然な成り行きですね( ・´ー・`)

新年早々、挽歌(=死をテーマにした歌)になっちゃいましたけど(; ・`д・´)

いや、めげずにやって行きたいと思います(`・ ω・ ´)ゞ

初句に『美しい』一言入れると、短歌全体が美しくなるんじゃないかと思って入れました(何とも言えないな(°u°╬))

それでは次回またお会いしましょう(`・ ω・ ´)ゞ

ぼんさんでした( *・Д・)(σ )Д`;)ぷに
posted by ぼんさん at 01:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。