2019年12月28日

663 三十路すぎの短歌 知らない人の短歌

neko-nayamu.jpg

三十路すぎ夢も希望も捨ててきた
知らない人の声が聞こえる

Past thirty and on
I've thrown away all the dreams—
I used to believe in.
Then, I hear a stranger say,
'It's chosen you try.'

おはようございます(; ・`д・´)

あと何日でしょう.. 3日分の遅れですか。気を取り直してやって行きたいわけですけれども(๑•̀ㅂ•́)و✧

ちょっと今回はですね、「悩める主人公」のお話を用意しました|ョ゚д゚`)。oO

どうも、私は悩める主人公。

人にはどうしても上手く行かないときってあるんですよ。どうしても上手く行かない、あきらめたい、とにかく何もかも投げ出したいと思うこと、それ自体は誰にだってあるんだと思います。私は悩める主人公。ほんと理不尽なくらい成果って出ませんよ。どんなに努力しても、どんなに頑張っても、無駄だと理解する瞬間がありますね。だから悩める私、主人公。

私も普段から上手く行かない上手く行かないってタイプの人間なんですが、周りからは優しい言葉をかけられて、上手く行かないのにこのまま頑張らないといけないのか、って本気で苛立ちを覚えるんですよね。周りに対して。私じゃないですよ?周りに対して。私は悩める主人公。

この競争社会において、抜きんでた才能を持ち、さらに素晴らしい成果を出すことはかなり難しく、並大抵の人間には最初から無理なことだと私は思います。

私はここで高々に宣言します。私は並みの人間です。どちらかと言うと、並み以下。すき家で言うとミニ牛丼。わざわざ小盛にしたのか。よりによって、もうひとつ高々に宣言したいと思います。

もう頑張らない。元々頑張ってないし、今日も頑張らない。明日も今後も頑張らない。頑張ることはひとつだけ。頑張らないことを頑張ります(๑•̀ㅂ•́)و✧

・・・

聞いてみたら、案外いい話でしたね。素晴らしい。感動しましたよ私は。ぜひともお名前を頂戴したかったですね。

『私は悩める主人公…』

なんか聞こえた気がしますけど。

ぼんさんでしたねー(*´∇`*)
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。