2019年12月20日

655 順番なのか一斉なのか とりま飛び立った鳥の短歌

suzume.jpg

順番に飛びたつ鳥のそばにいて
私はひとり雪をながめる

I stand in the mist
Of a brightening morning,
And the birds take off
To a whitening air
Of snow I am watching.

今晩は(; ・`д・´)

投稿日時も文章も無難なブログを目指したいわけですけれども(; ・`д・´)

大丈夫、今回は見事に無難な解説を披露したいと思います(`・ ω・ ´)ゞ

ええとですね、『順番に並び立つ鳥のそばにいて私はひとり雪をながめる』..とした短歌ですが、これはですね、順番に並び立つ鳥のそばにいた、私がひとり雪をながめた、という短歌なんですよね。盲点でしょ。意外でしょ。そうなんですよ、案外鳥のそばにいて私は鳥を眺めず、雪を眺めたんですよね。(眺める雪があったらな(°u°╬))

・・・

・・・

・・・

はっ( ̄□ ̄;)

今年も関東はなんだかんだ雪の降らないクリスマスとなりそうです(`・ ω・ ´)ゞ

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。