2019年12月09日

644 冬の短歌 家の短歌

red-fox.jpg

玄関を開けば外は冬であり
戻れば中はやや温かく

I open the door
To piercing winter cold.
When I return,
I feel the warmth of my place—
A little hideout in the snow.

こんにちは(; ・`д・´)

今日中に二首上げるつもりでやっております、短歌短歌のぼんさんです(`・ ω・ ´)ゞ今のところ過去の日付へと投稿をしております(; ・`д・´)

今日の一首は、玄関出てゴミ出しに行ったとき、「マジやべー、寒い(((o゚Д゚))。o」、この気持ちをそのまま歌い上げたつもりです。

写真に今回使いましたのは、よく地面にほら穴をつくって過ごす動物として知られるキタキツネです。実際、この子たちは体が厚い毛皮に覆われてますので、雪の上でふつうに寝てたりするんですけどね。:+((*´艸`))+:。

英語短歌の方は、言葉ではキツネは登場しませんが、最後の一行で『A little hideout in the snow=雪の中の隠れ家』というフレーズが登場し、キツネのほら穴をイメージして詠んだつもりであります( ̄^ ̄)ゞ

はい、それでは次回もお楽しみに(*´ω`*)

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: