2019年11月22日

627 夜空の短歌 月の短歌

moon-night.jpg

照らされて光無ければ無い道を
街灯よりも弱い月の灯


It rises to sight at our feet,
Lit by the lights of the street.
The road is lost—when there's naught
Of the lights that we got,
And the moon of the sky
The stars to the eye,
Are there, fainter but there,
For the road is not there
If no light can be shared,
The moon and the stars,
The street lights are there.

今晩は(; ・`д・´)

ちょっと油断しましたら、ほら。遅刻ですよ。投稿が。(; ・`д・´)

一日遡って過去の日付へ投稿しております、短歌短歌でございます(`・ ω・ ´)ゞ

今日の一首はですね。ポイントは『街灯』よりも『月明かり』『星の光』の方が弱い、という私たちにとってとても常識的なアイデアです。そう、アマゾンの熱帯雨林に迷い込みましたら、ぜひとも月明かりのもとに脱出して頂けたら良いかと思います。ド田舎の山の方が手短ですけど( ・´ー・`)

ちなみに、今日の英語ポエム、めずらしくポエムですよね。短歌短歌ではなく、短歌ポエムとなっております。これはですね、ブログ発足当時からの矛盾でして。短歌ポエムなのに短歌短歌。日英両方とも短歌短歌にすると、(英語のポエム添え)が適用不可。もうダメなんですよね。かといって、日英の短歌にポエム付ける気力なんて、ありませんから!そーそー(๑´罒`๑)

やけに長いポエムとなりましたが、こちら実際に読みあげて頂くと分かるように、テンポ重視で練り上げた作品となります。もう意味とか解釈とか二の次ですよ(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

それでは次回もお楽しみに(*´ω`*)

ぼんさんでした(°― °ヾ )
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: