2019年11月06日

611 風の短歌 方角の短歌

stone-plant.jpg

常日頃思うことには含まれて
その方角を風を知ること

I think about her
As often as anything
That I think about.
I look to the direction
That I believe she calls from.

今晩は(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

ちょっと今日の短歌は分かりにくいと思うんですが、私自身、どう形容すべきか悩んだ一首となります。いつも思うことがあったり、いつも想う人がいる方というのは、どういった気持ちで手にしたい物、会いたい人のことを思うのでしょうか。その願望を口にできないとき、許されないとき、今後も願いが叶う保障がないとき、どのような形で思い、日々を過ごせばいいのでしょうか。

そんな気持ちを想像して用意したのが今作ですが、結局言いたいことを掠めただけで表現したかったものは別にある気がします。今後それは改めて別の短歌で詠んでみたいと思います(`・ ω・ ´)ゞ

気づけば毎日やっているもので。:+((*´艸`))+:。

英語版は、より具体的に手にしたい物(この場合は会いたい人)に対する気持ちが歌の中で表現されています⇒『私はどんなことを考える時でも、その人のことを考えることが多い。彼女がわたしに呼びかける方向を想像して、そちらを向いている。』もはや妄想の世界ですね(; ・`д・´)

そう、私は独身、非リア充、想う相手もいないキモメンですが(..?(°u°╬)?)

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 17:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: