2019年11月04日

609 クリームシチューの短歌 母verが食いたかった短歌

cream-stew.jpg

散々だ母にLINEで愚痴るのを
終えてレンジにクリームシチュー

When it rains on me,
And just on me, I complain—
To who else—my mom.
Then, I close my LINE to heat—
A bowl of mom's white cream stew.

今晩は(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

もうアラフォーの私ですが、幸運なことに母はまだまだ元気で、週に2・3回は連絡しております(何だマザコンか(°u°╬))。いや、困った時はいつでも『おかんパワー』で解決しようと思うんですけれどもね(何だカスか(°u°╬))

大人になって一人暮らしになると、母の味が懐かしくなりますね。そういったときは、母さんこんな感じで作ってたかな、と思い出しながら料理するものです。どれだけ歳を重ねても、自分にとって母は利用価値が高いいつでも頼れるホントありがたい家族ですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

そろそろ自分の家庭を持ったり、家族に孝行したりするのが当たり前な年齢となった私。いかんせんヘタレですから、不安ですね(; ・`д・´)

それでは次回もお楽しみに( ̄^ ̄)ゞ

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 23:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: