2019年10月27日

601 眩い路の短歌 心震わす何かの短歌

bright-road.jpg

その子へは眩い路の距離を経て
心震わす何かはそこに

I send to that girl
At the other side of this—
Brightly lit road:
A voice that she might turn to,
And, at last, recognize me.

今晩は(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

何とか今日の更新も間に合いましたよー(;´▽`A``いやー大変だった(何だお前バカにしてんのか(°益°╬))

今日の一首は見慣れない漢字が2つありますね「眩い(まばゆい)」と「路(みち)」。眩いまでは良いとして、「路(みち)」言うなら「道」でええやんツッコミ入りそうですわ(# ゚ Д゚ )

ま、いいんですけど。

心震わすものなんて、あんまり無いですよね。特にアラフォーともなると、幼少時〜思春期〜その他もろもろ経て、何にも感動しなくなりますね(おいおいお前大丈夫か..?(°益°╬)?)

それでは次回もお楽しみに(๑•̀ㅂ•́)و✧

ぼんさんでした[壁]`∀´)Ψヶヶヶ
posted by ぼんさん at 23:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: