2019年10月16日

590 近所へ出かける短歌 見るからに地味な短歌を狙ってみました( ̄^ ̄)ゞ

india-night.jpg

日が落ちて近所の店へ出かけると
街灯の灯がちらついている

The sun is dipping
Into the dark, and the roads
Are lit with street lights.
I'm on my way to shopping,
And I see the lights flicker.

今晩は(; ・`д・´)

最近、段々と寒くなって参りましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。私は、いつも通りやや暇人でございます(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

実は、今日の短歌、過去の作品とか見返すと、似たようなのがいくつか出てくるんですよね。もうアレですよね。マンネリ化。そーそー(๑´罒`๑)

この先、こういう短歌はさらに増えるんだろうなー、と今言えている自分はまだしもしあわせ。そーそー(๑´罒`๑)

短歌の分類で言うと、この一首は動詞が入っていたり、近所の店へ出かける主体というのが登場しますから、厳密には叙景歌には入らないんですが、過去の短歌で私はいくつかこういうのをsongs about scenery(叙景歌)に分類してしまっていたので、まぁここは統一感のため『叙景歌』ということでタグ付けいたします(`・ ω・ ´)ゞ

・・だから何だ(°u°╬)

いや、特に何もないんですが(`・ ω・ ´)ゞ

ぼんさんでした(*´ω`*)
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: