2019年10月10日

584 小走りの短歌 小走りのオジサンの短歌

black-cat.jpg

小走りのオジサンですよ(๑• ̀д•́ )独特の
リズムに人が振り返る

WARNING: RETARDED POEM
People, coming through—
An ojisan by the run.
You hear my beat;
You need to see,
And I'll be there for you.

今晩は(; ・`д・´)

私は決して自分のことをオジサンだとは思いませんよ?(°Д°≡°Д°)?

でも、私が小走りすると、この短歌のオジサンそのまんまだと思うんですよね。

結論として、私は小走りしません。そうです、無難です(๑•̀ㅂ•́)و✧

たとえ小走りしても、なるべく一般的なリズムでやりたいと思うんですよね。そのリズムについて詳しくは..ありませんが。

そう、そうだんです。

ぼんさんでしたΣd(゚∀゚。)ネッ♪
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: