2019年10月06日

580 俺の手料理の短歌 俺の嫁だべ短歌

itamemono.jpg

え、帰る?俺の手料理、食っといて?
差し詰めこれで俺の嫁だべ?

Wait, so you're leaving?
You just ate what I served you.
That is called dinner.
See here—me, with empty hands;
Empty-handed, and there—you.

今晩は(; ・`д・´)

あ、短歌。大丈夫かな、ちょっと読み直します。あ、怖い。これ怖い。大丈夫かな(( ;゚ Д゚ ))

まぁ、人生たとえ女性に手料理たべさせることはあっても、基本女性はそんなことで『私、あなたと付き合うわ』ってならないんで。そう、男にとっては盲点ですよね。そう、そもそも食べさす相手がいない。

肉食系男子っていますよね。基本そういった男子は終始肉食でいたいものです。でも、ガーーーっ行って、ガツン断られたら、やはり面喰らいますよね。そーそー、深追いして、トラブルを何度か経験すると、「あ、これダメね。了解了解。」そー、もはや草食系を通り越して断食に入ります。

世知辛い世の中です(; ・`д・´)

それでは次回またお会いしましょう( ̄^ ̄)ゞ

ぼんさんでしたΣd(゚∀゚。)ネッ♪
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: