2019年09月03日

547 水平線の短歌 目的地の短歌

desert.jpg

つらくても私は向かう明日はその
水平線は近づいている

I am at a loss,
But I carry on this track,
Because, tomorrow—
The end of my horizon
Will be markedly closer.

今晩は(; ・`д・´)

今日の短歌のタイトルは、元々は「水平線の短歌 つらくても短歌」だったんですが。短歌を詠むのがつらすぎてこんな短歌になった‥って感じがしたのでそこは一応自重することに致しました‥(; ・`д・´)

普段の私からしてみると、ちょっと意外な気遣いです(何だお前バカにしてんのか(°u°╬))

遠い目的地までの道のりというのは山あり谷ありのこともあれば、同じ平坦な景色が延々と続く場合もあります。いつまでもいつまでも続く道を一歩ずつ歩み進めるのは気が遠くなるような旅でもあり作業でもありますが。それでも一歩歩けば、一歩近づくことだけは変わりません。目的地がはるか水平線の彼方にあっても、一歩ずつ、一日ずつ、進めた分だけゴールする瞬間へと近づいている、というメッセージを今回は短歌に込めたつもりです。

・・(°u°╬)

一応英語版の訳文を載せときます(`・ ω・ ´)ゞ→「私は途方に暮れている。それでもこの旅路を続けてみせる。私の水平線は、明日にははっきり近づいているから。」

それではまた次の投稿でお会いしましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: