2019年08月06日

519 緋色の短歌 ノウゼンカズラの短歌

trumpet-flower.jpg

背伸びして夏濃い色に花ひらく
ひとつひとつの緋のやわらかな

Trumpet vines open—
In deepest summer color—
Flowers in mid-air.
Each soft one of its scarlet
Tries to reach slightly higher.

今晩は(´∇`)

火曜、更新できることが少ないので、今日はこれ更新したら数分ほど余韻に浸りたいと思います(`・ ω・ ´)ゞ

以前お話したことがありますが、私は7月〜8月頃咲くノウゼンカズラ(凌霄花)が好きで、毎年咲くのが楽しみな花となります(*´ω`*)ノウゼンカズラはつるに生る花で、色は鮮やかなオレンジ。他の木に巻きついて伸びていく植物で、かなり高いところまで伸びることがあります。私は以前四階の高さまで伸びたのを観たことがあります(°Д°≡°Д°)

英語短歌の方は、trumpet vine(=ノウゼンカズラ)が作中に登場し、いくつか相違点があります→「ノウゼンカズラは花ひらく、それは最も深い夏の色に。中空に咲く花は、緋色の柔らかなそれぞれがわずかに空へ伸びようとする。」

それでは次回もお楽しみに( ̄^ ̄)ゞ

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 23:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: