2019年06月13日

465 青空の短歌 水平線の短歌

3179328D-69ED-4576-8205-C31C01D80A9A.jpeg

真っ青な空から視野は移動する
白くかすんだ水平線へ

From the deeper shade
Of the sky's vast field of blue,
My vision lowers
To the whiter mist that spreads
Towards the horizon's reach.

おはようございます(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

やりましたよ、やりましたよ!リアルタイムのブログにまたなりましたよ!この調子で今後も更新していきたいと思います(`・ ω・ ´)ゞ(一喜一憂とはこのことだな(°益°╬))

今日は、早朝から散歩をしまして(健康のためだな(°益°╬))、もう立派な青空が広がっていたので、それを元に短歌を詠もうと思いました。青空というのは、オゾン層に対する光の屈折の仕方のせいだと思うのですが、水平線近くは若干白いですね。過去に詠んだ似たような短歌で、こういうのもあります→「444 空の短歌 麦わら帽子の短歌」気づけばこの短歌も「真っ青な」で始まってますけど(; ・`д・´)ま、毎日やってるからマンネリ化するのも無理はありません(なんだお前バカにしてんのか(°益°╬))

はい、ということで今日も一日てきとーに行きたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

ぼんさんでした(*´ω`*)
posted by ぼんさん at 08:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: