2019年01月21日

322 猫の短歌 僕の短歌

somari.jpg

話せない人権もない猫だけど
会いたいとだけ僕は言う

If my cat and I
Could choose to meet—
Or not, we shall
Eventually.

今晩は。ふぅ〜。徐々に追いつくめどが立ってきました(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ一応今作、次作と連投いたします。

この一首はちょっと過去に用意した一首で、ちょっと湿っぽい感じもしますが、たまにはこういった感情が出たような短歌もご紹介しようと思い、今回発表いたします。

英語版は、日本語版よりも少しポジティブな締めくくり方となっており、日本語訳を当てるとこうなります→「もし私と猫が自由に会えたとしたら、又はそうではないとしたら、いずれ会えるとは思う。」(`・ ω・ ´)ゞ

はい、それでは次回またすぐお会いしましょう( ̄^ ̄)ゞ

ぼんさんでした(*´ω`*)
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: