2019年01月06日

307 ボキャ貧の短歌 できう短歌(๑•̀ㅂ•́)و✧

memo.png

ボキャ貧は言葉巧みに言葉ひとつで
喜怒哀楽が表現できう(๑•̀ㅂ•́)و✧

'Bloody wicked man!'—
Three multi-purpose terms.
Simple English is the way
For every brain and nincompoop.

こんにちは。今日はちょっとユーモアを含む短歌を用意してみました(`・ ω・ ´)ゞ

ボキャ貧というのは、ホント困るもので、ありとあらゆる感情を「ヤバい」で片づけてしまいそうになります(;´Д`)今後、私も改善したいことのひとつですが、関連するお話をひとつ。米国歌手のテイラー・スウィフトの楽曲を聴くことがあり、それで感動させられることのひとつ(もちろん楽曲も素敵なのです)が、あまり難しい英語を歌詞に使わないことです。インタビューなどでお話を聞くととてもスマートかつクレバーな彼女ですが、曲には大体はシンプル・イングリッシュを使われるのです。これは英語が母国語である方も、そうでない方も、誰でも理解しやすい言葉で気持ちを伝えてくれるところが本当に素敵だと感じます。ボキャ貧というのはマイナスの意味で使う言葉ですが、シンプルな言葉だけで様々な事柄を表現するというのは、逆に「伝えやすい・伝わりやすい」ということで、良いことだと感じました(*´ω`*)

英語版は、例によってノンライムのポエムですが、冒頭のBloody wicked manは、イギリスでよく使われる言いまわしで、「それマジやばい」みたいな意味です。Three multi-purpose termsは、Bloodyとwickedとmanの3つの単語を、マルチで使える単語の代表例としているわけですね。三〜四行目は「シンプルな英語こそが王道さ。どんな秀才、間抜けにとっても」という意味になります。ちょっと日本語の短歌とはまた違った内容となりましたね(`・ ω・ ´)ゞ

それでは、次回もお楽しみに。

ぼんさんでした(*´∇`*)
posted by ぼんさん at 11:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: