2019年01月02日

303 シロハラの短歌 羽繕いの短歌

palethrush.jpg

シロハラの羽繕いする枝先で
「わたしもちょっと」風とまる朝

A pale thrush preens
Its wings on a tree.
And the wind stops by
To do the same.

こんにちは。今日は新春ということで季節の短歌をご用意しました。と言っても、過去の練り直しでもありますが( ´艸`)シロハラという鳥は、日本では冬鳥ということで、この時期よく姿を現すみたいですね。私は野鳥には詳しくありませんが、いつか双眼鏡をもってバードウォッチングしてみたいな、と思いました。

英語版は、ノンライムの作品としましたが、わりとリズムの良い作品です。内容は日本語の短歌とほぼ同じですね(*´ω`*)

補足) 「羽繕い」は「はづくろい」と読み、鳥類が翼の羽をクチバシで手入れすることを言いますね。サルの毛づくろいというのがありますが、その羽バージョンと考えてください( ̄^ ̄)ゞ

駆け足の説明となりましたが、明日もまたよろしくです(`・ ω・ ´)ゞ

ぼんさんでした(´∇`)ねー
posted by ぼんさん at 14:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: