2018年12月31日

301 空の短歌 雲の裏地の短歌

fujisan.jpg

鉛色の雲の裏地に伏せる日を
ぬれた指で拾い上げる空

The sky picks up
The sun beneath
The leaden cloud
With wet fingers.

こんにちは。ついに来ましたよ、大晦日!私は昨日、おせちをせっせと作りました。もちろん、出来合いのものがほとんどですけどね(*´ω`*)

もうちょっと大晦日とか、お正月らしい短歌を用意する予定だったのですが、なかなか浮かばず、今回もまた過去につくった「ぬこという風」の歌集から一首持ってきました_(:3 」∠)_

今年の3月から始めました短歌のブログですが、季節ごとにアクセスが順調に増えていき、先日150人のビューア数がありました。来年もどうぞよろしくお願いいたします(`・ ω・ ´)ゞ

それでは次回もお楽しみに。

ぼんさんでした(*´∇`*)
posted by ぼんさん at 12:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: