2018年11月12日

252 光沢のない目の短歌 吸い込まれる短歌

hitomi.jpg

その目には光沢は無くすべり込む
青い光は逃げ場を失くす

Into that eye
Light slips in,
To find no door
Out, from within.

今晩は。今日は、たまに見かける不思議な目をしている人の短歌です。ふつう、目というのは光が反射して角度によってちょっとキラキラすることがあると思うのですが、その方の目は真っ黒で、光が反射しません。しかし、その目には何故か引き込まれてしまう不思議な魅力がありまして、ほわぁ〜っとしますね( ´艸`)

英語版は、日本語の短歌よりシンプルな内容で、「光はその目にすべり込む、外へ向かう扉のない内側へ」という意味となります。

ちなみに、日本語版の「青い」は、「若い」とか「無邪気な」という意味で使ってみました。深い意味はありません(;´Д`)

駆け足の説明となりましたが、はい、それでは次回もお楽しみに(`・ ω・ ´)ゞ

どうも、ぼんさんでした(*´∇`*)
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: