2018年11月11日

251 蛾の短歌 フィギュアスケートの短歌

kaikoga.jpg

指先の鱗粉に我が息を吐き
解いた繭の上に降り立つ

I breathe on the scales
At my finger tips.
Before I land on the silk
I have freed.

今晩は。今日はフィギュアNHK杯がありましたね。ちょっと感動した演技があったので、今回短歌にしてみようと思いました。フィギュアスケート選手って全員、アスリートなのに踊り子でもあり芸術家でもあり、本当にカッコ良いですよネ!この私、感動致しました!!(テンション高っ(;´Д`))

しかし私が応援するアスリートは基本的に成績が振るわないことが多いため、名指しせずにお送り致します(; ・`д・´)

ちなみに、鱗粉、繭などのアイデアが登場するので、写真をカイコガにしてみました。それにしても何と可愛らしい見た目でしょうか!!!長生きであったならぜひペットにして飼ってみたかったです。

skating.jpg

ちょっとカッコつけた調子の短歌となりましたが、実は英語版もわりとキザなポエムで、もはやファンタジー小説に登場せんばかりの話口調ですね。

はい、それではそろそろこの辺で。次回もお楽しみに(`・ ω・ ´)ゞ

どうも、ぼんさんでした(*´∇`*)
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: