2018年11月02日

242 ルドルフとイッパイアッテナの短歌 クリームシチューの短歌

stew.jpg

‘ルドルフとイッパイアッテナ’の分もある
クリームシチューを取り分ける皿

Up to four guests can come
When it's cream stew.
There's always some
For Rudolf and Ippai Attena.

こんにちは。今日は私の家族に大ファンがいる、テレビ絵本の「ルドルフとイッパイアッテナ」を短歌にしてみました。実はこの前クリームシチューをつくっているときに、家にもルドルフとイッパイアッテナが来てくれたらいいのに、と思いまして。それをきっかけにこの短歌を詠んだ、という背景があります。

私はカレーの方が好きなのですが、クリームシチューのあの温まる感じも非常に捨てがたいですね。何か落ち込んだ時にシチューの一皿で救われるときもある気がします。

ちなみに、「ルドルフとイッパイアッテナ」の作品にはいくつかのスピンオフ商品がありまして、私の家族が好きなNHKのテレビ絵本もどちらかと言うとスピンオフの作品です。以下が登場する挿絵のひとつですね。

rudolf.png

このテレビ絵本は私もハマり、落ち着いたナレーションの雰囲気や、時折入る軽快な音楽がとても心地よく感じました。

英語版のポエムでは「4名までなら遊びに来てもらえるね、今日はクリームシチューだから。いつでもルドルフとイッパイアッテナの分もあるよ。」と言った感じに、日本語版より具体性のある作品となりました。

それでは次回もお楽しみに。

どうも、ぼんさんでした。
posted by ぼんさん at 01:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: