2018年10月23日

232 秋の短歌 アベリアの短歌

abelia.jpg

五年後は同じ小道を溶けるよに
アベリアを見て小さくなろう

Five years later
On this very street,
I shall grow smaller
Like the abelia.

こんにちは。ここのところ更新があまりサクサク進んでいませんが(投稿日時では通常通りに見える)。ちょっと風邪をひいてしまって、今は喉がガビガビ鼻がじゅるじゅるです∵ゞ(>д<)ヘックシュン!

目立たないように。波風を立てないように。何事も穏便に乗り越えたいと最近思うようになりました。「少年大志を抱け」とは大変すばらしい言葉ですが、私以外の男性に適用されるのだろうな、と解釈しております(-血- )

ちなみに、アベリアという花は夏・秋に2回咲く白い可愛らしい花で、花言葉は「強運・謙虚・謙譲」です。謙虚すぎて卑屈になったり、謙譲しすぎて損したりはきっと良くありませんが、強運に生まれることはホント大事ですね。私は残る半生を強運・幸運で乗り越えられたらいいな、と考えております。:+((*´艸`))+:。

英語版は、なるべく日本語の短歌に寄せて作歌しましたが、「溶ける」というアイデアがこちらでは登場しませんね。「アベリアのように小さくなる」というアイデアはそのまま移植しました(`・ ω・ ´)ゞ

いかがでしたでしょうか。それでは次回もお楽しみに。

どうも、ぼんさんでした(*´∇`*)
posted by ぼんさん at 18:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: