2018年10月15日

224 「で」の短歌 「が」の短歌

dango.jpg

ちょっとだけきゅうくつだけどこれでいい
それは「で」が「が」を上回るとき(*´ω`*)

I know good
Is better than best:
A cardboard box—
My treasure chest.

こんにちは。今日の一首はちょっとわかりにくいかもしれませんが、「これでいい」と「これがいい」のフレーズを「で」と「が」と呼んで、それぞれの意味合いを比較する短歌となります。

過去の短歌でも何度か猫の歌がありましたが、私は何を隠そう、大の猫好きで、それは自分の価値観や考え方までもが猫によって影響されてきた部分があります(*/□\*)猫というのは、日々の生活における小さな変化を喜ぶもので、大きな変化を嫌います。だから、普段使っているものが急に高級になっても戸惑い、それに慣れるまで使いたがりません。私にとって、猫の思想では「それでいい」が「それがいい」に近い意味を持ち、しかしそれは「が」ではなく、飽くまで「で」なのだと。つまり猫フィロソフィーは「それでいい」と思うものに囲まれて暮らしたい、ということだと考えています。

今回写真では複数の猫ちゃんがちょっと窮屈そうに寝ていますが、このちょっと窮屈なんだけど、ちょっとしあわせ、というのが私がイメージする猫の姿で、これを今日は詠んでみようと思いました(*´∇`*)

実は今回、英語版のポエムがちょっとオシャレで、I know good Is better than bestという文が「私は知っている。「良い」は「最良」よりも良いことを」という意味になりますが、good→better→bestと英語の原級・比較級・最上級のそれぞれの単語が登場して文もきっちり成り立っているので、ちょっとウィットのある言い回しとなった気がします(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ後半は、2行目のbestとライムさせるため最終行をchest(treasure chestとは宝箱の意味)で締めました。

いかがでしたでしょうか。それでは次回もお楽しみに。

どうもぼんさんでした(*´ω`*)
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: