2018年09月29日

208 上がりたての雨の短歌 止まれの文字の短歌

6838A837-3CF8-4B79-A774-5B088F7A4F33.jpeg

上がりたての雨の染みこむ道路には
止まれの文字を渡る女性

On the road
Where the rain has passed
Another traveler
Crosses the STOP sign.

こんにちは。今日は日中の更新となりますが(投稿日時は一週間後の日付となっています)(*´ω`*)

雨が上がったばかりだと、アスファルトの表面が濡れて黒味がかっていますね。私はなぜか灰色のアスファルトより黒いアスファルトの方が見た目が好きで、この雨のあとの路面がお気に入りです(*/□\*)そんな道路を散歩していると、よく目にするのが住宅街の狭い道の交差する場所にある「止まれ」の文字。もちろん、歩行者はその三文字を気にすることなく道路を渡れるのですが、私たちを守ってくれているものが周りにさりげなくあるものです(´∀`)

今日の一首に添えてあるポエムは、ちょっとした工夫が凝らしてあり、それは 'rain has passed' と 'Another passenger' のつながりで、これは間接的に「雨」を擬人化しているものです。雨がpass、つまり通過して、Another passenger「渡る者がもう一人」登場することで雨自体も「渡る者(人)」として扱われていることになるのですね。ちなみに、ポエムの内容は日本語版とほぼ同一となっております。

いかがでしたでしょうか。それでは次回またお会いしましょう。

どうも、ぼんさんでした。
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: