2018年08月17日

165 植物園の短歌 「与えられた」短歌

greenhouse.jpg

その人は植物園の内側で
与えられた季節を生きる

She lives within
A botanical garden
Feeling the seasons
Given to her.

こんにちは。ちょっと日数が空きましたが、更新をがんばって行きたいと思います。

私は昔は動物園や水族館が好きだったのですが、ちょっと前に植物園に何度か遊びに行く機会があって、植物園もとても気に入りました。こういう体験こそ、誰かと共有するのがやはり一番かな、と思います。もちろん一人でも行ったことはあり、そんなときもじっくり鑑賞できて好きなのですが、誰かと話をしながら、並んで同じ対象を観たり、また話したり、色々な余計なこと、気を使うことを含めて、複数人で共有するものがより鮮明に記憶に残るのだな、と思いました。

英語版は、作品の内容を重視して、韻を踏まない作品としてみました。どこかしら切なさを感じさせる短歌とポエムになったかと思います。

それでは次回もお楽しみに。

ぼんさんでした。
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: