2018年08月06日

154 ふたたびの短歌 Twiceの短歌

heya3

また同じ空間に居る私と
彼女は二度をふたたびと読む

These times we share
Every now and then;
We see the term 'twice'
And read it 'again.'

こんにちは。ちょっと最近思うように作歌できていませんでしたが。今回はふたたびの短歌、Twiceの短歌ということで。日本語では、他の国の言葉とは違って、同じ文字に対して複数の読み方があったりしますね。「二度」というのもそのひとつで、これは「にど」と読むのがふつうですが、「ふたたび」とも読めます。「ふたたび」、つまり再び、再度という読み方をすると、また意味合いが違ってきて面白いですね。

英語版は、abcbの調子のライムするポエムとしてみました。なるべく日本語短歌の方に意味は似せました。いかがでしたでしょうか。

それでは次回もお楽しみに。

どうもぼんさんでした。
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: