2018年08月03日

151 サーフィンの短歌 台風の短歌

surfin

台風のかすめる沖にほどかれた
風は私を砂へ届ける

A wet typhoon
Grazes the coastland;
And delivers me
To the sand.

こんにちは。今日はサーフィンの短歌です。私には何名かサーフィンやボディボードをやる友達がいて、たまにその話を聞いたりもすることがあります。何やらサーフィン好きの方にとっては台風というのは波がやってくるので、大変喜ばしいことらしく、私たちのように雨が降るから嫌だな、とは思わないらしいです。

そんなサーフィンにはなくてはならない台風ですが、それを今回短歌にして詠んでみました。

英語版も、日本語短歌と同じようにサーフィンという言葉は登場しません。意味はほぼ一緒です。日本語版がわりと柔らかい印象の短歌となっているのに対し、英語のポエムはちょっと澄ました、クールを気取った感じがします(笑)でも歌の雰囲気が同じ内容で少し違ってくるのが日本語と英語の言葉の違いかな、と思いました。

それでは次回もお楽しみに。

どうもぼんさんでした。
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: