2018年06月22日

109 ビー玉の短歌 死をテーマにした短歌

biidama.jpg

しあわせをビー玉にして手にのせて
一人の部屋の水面に死ぬ

I seal in these marbles
My greatest happiness.
I free them in my room,
Die at its surface.

こんにちは。今日の一首は、前回とは打って変わって「死」をテーマにした、ちょっと暗い短歌です。

前回、挽歌に挑戦したいと言いましたが、さっそくやってみました。

実際この短歌については、私自身こういう気持ちになったことがあるかと言うと、そうでもなく。しかし「死にたい」という感情は、必ずしも全てが不幸なときに訪れるわけではなく、しあわせが身近に感じられるときでも死を意識することはあると思います。この歌は「死にたい」という感情よりは、死に対する意識を歌ったものだと思っています。

英語版は、ほぼ似たような内容で、特に意味が違ったりもしませんが、言葉の違いのせいか、日本語版よりもややあっさりした感じの作品となりました。そこまで恐い感じではないと思います。でも日本語版はちょっと怖いかもしれませんね(笑)

それでは今日はこの辺で。

どうもぼんさんでした。
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: