2018年05月24日

080 素晴らしい公演の短歌 まさかの短歌

umbrella.jpg

素晴らしい公演があり帰ろうと
手にする傘の取っ手が違う

Having partaken in a magical moment
At the closest concert hall,
I reach for my umbrella,
Which, wasn't this.. small?

こんにちは。今日は、こないだ参加したイベントで実際にあったことを短歌にしてみました。どちらかと言うとテイストは川柳のような短歌です。川柳なら川柳でやりなさい、と言われそうですが、あしからず。

貴重なコンサートチケットなどを手に入れ、当日大豪雨の中出かけてホールに向かったことはありませんか?帰りは案外雨が上がっていて傘は要らなくなることも多いですが、よくあるのは忘れものの傘とか、あとは「あれ?これ私の傘じゃない。」というハプニングですね。

ビニール傘もそうですが、紺色の傘などはかなり一般的なので、たまに「あ。これ違う。」ってのが残っていて、仕方なく残された傘を差して帰ることになります。せっかく素敵な時間をホールで過ごしたのに、って感じですね(笑)

英語のポエムは、ほぼ同じ内容です。しかし、umbrellaが小さくなった場合、本来はsmallではなくshortと表現するので、そこはちょっと課題が残りました。ちょうどconcert hallと韻の踏める単語なので、迷わず採用しました。

では、今日はこの辺で失礼します。また次回もお楽しみに。

ぼんさんでした。
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: