2018年04月03日

029 自転車の短歌 風の短歌

bicycle

立ちこぎで急ぐあなたの切る風は
私の前でまた結ばれる

The wind parts
As you pedal past,
Merging behind
Your blurred cast.

こんにちは。今回はめずらしく「あなた」と「私」という名詞が登場する短歌です。作歌し始めた最初の頃は、特に抵抗もなくこういった短歌を量産していましたが、ある程度作るようになると、「あなた」とか「君」という言葉が登場するだけで緊張しますね(笑)。

この一首は、自転車で風を切って行く誰かがいて、その切られた風は背後でどうなるのか、というアイデアから生まれました。だから、自転車で風を切る「あなた」の後ろで、「私」がその風の結末を観察する、という構成となりました。なんか説明的ですいません(笑)。

英語のポエムが今回、私のお気に入りで、調子、言葉のチョイスなど、私はこういったのが好きですね。めずらしく日本語の短歌よりも好きなポエムができました。この調子で英語ポエムも頑張れればと思います。

それでは次回もお楽しみに。

どうも、ぼんさんでした。
posted by ぼんさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: