2018年12月31日

2018年12月30日

300 陽射しの短歌 ベタな台詞の短歌

9D54F950-CC2E-4951-9C25-CCD9F5D72102.jpeg

午前だけ部屋の窓から入る子は
ベタな台詞を書き溜めている

The child that comes
Every early morning
Writes another chapter
To add to her novel.
続きを読む
posted by ぼんさん at 10:45| Comment(0) | 日記

2018年12月29日

299 猫の短歌 寝そべる短歌

hinataneko.jpg

窓辺には日向があるよどこにでも
君が寝そべるそこにぼくはいる

At my window
I still keep
Sunny room
For you to sleep.
続きを読む
posted by ぼんさん at 20:51| Comment(0) | 日記

2018年12月28日

298 文明の短歌 生き物の短歌

lion.jpg

この際は、いっそまるごと文明を
共有できる生きものたちと(`・ ω・ ´)ゞ

Is there a reason not to share
Our food and medical care,
The gift civilization brings—
With all living things?
続きを読む
posted by ぼんさん at 13:28| Comment(0) | 日記

2018年12月27日

297 冬の短歌 猫の短歌

wintercat.jpg

呼んでみる焼ける頬に手を当てて
そこにはない毛の塊を

Placing my hands
On my burning cheeks,
I call for a hairball
That's not there.
続きを読む
posted by ぼんさん at 14:56| Comment(0) | 日記

2018年12月25日

295 冬の短歌 陽射しの短歌

douro.jpg

打ちつける冬の日に道は反り返り
窓辺のやつもそうしてるはず

Light stampedes.
And the road bends back;
Like a cat that stretches
By the bedroom window.
続きを読む
posted by ぼんさん at 06:42| Comment(0) | 日記